仙台で人気の美容鍼を試したい方へ~美容鍼とむくみの関係~

ささき鍼灸整骨院

022-721-8355 予約優先制

〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町11-13 川原ビル1F

診療時間 9:30~13:00、15:00~19:30※水曜のみ18:00迄

lv

仙台で人気の美容鍼を試したい方へ~美容鍼とむくみの関係~

女性にオススメ

2018/03/19 仙台で人気の美容鍼を試したい方へ~美容鍼とむくみの関係~

 

こんにちは、仙台市青葉区にある美容鍼灸サロンです。

 

最近、テレビや雑誌、インスタグラムなどでモデルさんや女優さんなど芸能人の方が美容鍼をしているところをたくさんみかけますよね。

 

 

美容鍼を受けてみたい、どんなものか気になる!という方も多いと思います。

 

そこで今回は美容鍼を受けたいというお客様のお悩みによくきかれるお顔のむくみ美容鍼の関係についてのお話をします。

 

まず、むくみってなんだかわかりますか?

 

「ずーっと立ち仕事などをしていて夕方になると足がぱんぱんになる」とか

「お酒を飲みすぎた次の日はなんだか顔が大きく見える」とか

「足のすねなどを押すとへこんだままになってしまう」など

これはすべて体がむくんでいるということです。

 

むくみは、なんらかの原因で静脈やリンパ管の流れが悪くなり、いらない水分や老廃物が静脈やリンパ管からしみだして周囲の細胞間にたまることで起こります。

特に足の甲や足のすね、皮膚の薄い瞼やあごのライン、頬などにもできやすく、実際できたことのある方も多いと思います。

 

人によってむくみの原因は変わってきますが、当サロンでは一人一人のむくみの原因に合わせて全身調整をしながら美容鍼を行っていきます。

 

img_5883-300x200

 

むくみにはどんな原因があるの?というお話ですが

 

一口にむくみといってもむくみにもいろいろな種類があるのでまずは種類からお話します。

 

<むくみの種類>

 

1.一過性のむくみ

・長時間の立ち仕事、ずっと同じ姿勢でいたとき、水分をとりすぎたときなど、一時的に起こるむくみ。

・手足や顔にでることが多い

美容鍼で一番多く見るのがこの種類

 

2.慢性的なむくみ

・むくんだ部分を押してもへこんだままになっている

・むくみが常にあって改善するのが難しい

・全身や手足などに多い

 

3.全身的、部分的むくみ

いつまでもむくみが取れない、全身がむくむ、むくみがひどくなる一方…といった状態であれば、何らかの病気のサインかもしれません。

心臓や肝臓、腎臓、甲状腺などに異常がある場合、むくみとなって現れることがあります。

お客様の体の状態をみて医療機関を受診した方がいいむくみもあります。

 

ここまで上げたように病的なむくみでなければ一過性のむくみに悩んで当サロンにお越しになるお客様がほとんどとなります。

 

一過性のむくみの原因についてお話していきます。

<むくみの原因>

1.

長時間の立ち仕事や長時間同じ姿勢でいることによりリンパの流れが滞ってしまいむくんでしまう。

 

2.

疲れがたまったり、ストレスがたまりすぎたり、睡眠不足や不規則な食事などによって新陳代謝が下がりむくんでしまう。

 

3.

自律神経が失調したり、女性ホルモンが乱れることで体がうまく機能しなくなりむくんでしまう。

 

4.

塩分の多い食事が多く、水分バランスが崩れてむくんでしまう。

 

5.

運動不足により血流やリンパの流れが悪くなりむくんでしまう。

 

161007-245_tp_v1

 

自分のむくみはどれが原因かわかるでしょうか?

 

また、この他にもむくみととっても関係の深いものがあります。

 

それは、「冷え」です。

冷えの原因の一つもまた、血流の流れが悪いことがあります。

この「冷え」は特に女性に多く一般的に女性は男性よりも筋肉量が少ないため、血液を体に送る力も弱くなっています。

そのため、手先や足先などといった末梢まで栄養や酸素をたっぷり含んだ血液が運ばれにくく手先足先が冷えてしまいます。

そして血液が運ばれにくいといらなくなった水分や老廃物を集められずにむくみとなってしまうことがあります。

 

女性の悩みによく聞かれる「セルライト」もこれが長時間放置されたことで脂肪に水分や老廃物が取り込まれ変化したものと言われています。

さらに血液の流れが悪くなると肩こりや首コリ、腰痛なんかにもつながってきます。

冷えとむくみを放っておくと怖いですね💦

ただ、逆をいえば体が冷えて肩こりがひどく足や顔がいつもむくんでしまう…なんて方はこの血液の流れをよくしてしまえば冷えも肩こりもむくみも一度に楽になることができます。

 

なので当サロンでは美容鍼と言っても原因に沿った全身の鍼灸調整をとても大事に行っているのです。

 

むくみの種類や原因について分かったところで実際の美容鍼灸とむくみについてお話していきます。

 

当サロンでは直接お顔に対するアプローチとしてお顔の老廃物がたまりやすい部分に鍼をすることで老廃物を流れやすくし、血流やリンパの流れをよくしてくれるお顔のツボに鍼をすることでむくみがとれすっきりとしたお顔にすることができます。

また美容鍼をする前にデコルテ~首~顔~頭皮までを丁寧に筋膜リリースセラピーすることで老廃物や水分はより流れやすくなります。

 

また全身鍼灸調整として全身の血液の流れが原因のときは血液の流れが良くなるような施術をしたり、自律神経や女性ホルモンが乱れて起きている場合にはそれを整えるような施術を加えていきます。

また、お顔のむくみだけでなく、足のむくみに悩んでいる方は足のむくみにきくツボに鍼灸調整を行っていきます。

 

お顔のむくみ改善は一回で実感できる方も多くいらっしゃいますが

その効果の持続は3日間から1週間程度の方がほとんどです。

しかし、全身調整と合わせて継続して続けていくことでむくみにくい体になっていき2週間から3週間、1か月と効果を持続できるようになります。

 

%e9%a0%ad%e7%9a%ae%e9%8d%bc

 

また、美容鍼はむくみにとってもいいですがそれに合わせて老廃物やいらない水分がたまらないようにちょっとだけ日常生活に工夫をしていくと効果の持続をより実感できます。

 

ここからは日常生活で気を付けられることについてお話していきますね。

 

1.塩分に気を付ける

現代人の食事は多様化したことで塩分が多いと言われています。塩分を取りすぎると体の中のナトリウム濃度が高くなってしまいます。その濃度を下げようとして体は水分をたくさんためこんでしまいます。溜め込むことで体に余分な水分が増え、むくみの原因となります。むくみやすいときにはちょっと味を薄めにしたり、おだしのきいた和食を食べるようにしたりと塩分低めの食事を心がけましょう。

 

2.お酒に気をつける

アルコールは利尿作用があるため体の中の水分が減っていきます。そうすると体は水分のバランスをとろうとして水分を周囲にひきつけるため、瞼など皮膚の薄い部分がむくみやすくなります。

むくみやすいときには過度のお酒は控えたり、お酒の合間にお水を飲むなどを心がけましょう。

 

3.適度な運動を行う

長時間の立ち仕事や一日中パソコンに向かっていたりすると血液やリンパの流れが滞りやすくなります。だんだんたまっていくことでむくみとなってしまうため、何分やったらストレッチする。一旦休憩をはさむ。など自分の中でルールを決めてできるといいですね。

 

4.できるだけ規則正しい生活をする

むくみは睡眠不足や疲労、偏った食事なども大きく関係します。なるべく同じ時間に寝て同じ時間に起きたり、ごはんは一日3食同じ時間にとったりなどを心がけましょう。

 

 

皆様、朝起きたら顔がぱんぱんにむくんでしまってこのまま出かけたくない!いますぐ何とかしたい!と思った経験はありませんか?

 

そんなときの対処法をお話します。

 

まずお肌のすべりをよくするために普段使っている乳液クリームを普段より少し多めに手に取ります。

 

①お顔全体に優しく伸ばしていきます。

クリームを伸ばした手でそのまま耳の後ろから首筋を通って鎖骨まで手をゆっくりと滑らせます。

 

②右手で左の首の横肩、左手で右の首の横の肩をはさむようにして数回回します。

 

③その下の鎖骨との間にできた三角形の部分を指の腹や指の関節でぐーっと10回から20回押していきます。

 

④両手の親指と人差し指で下顎をはさむようにして左右それぞれ顎下から耳下までリンパを流します。

 

⑤両手の人差し指から薬指を使い口横から耳横下、鼻の横から耳横上、頬の一番高いところからこめかみ下に向けて左右それぞれ下から上に流していきます。

 

⑥薬指を使って鼻の膨らんだところの上を少しぐりぐりしそのまま目頭まで滑らせます。

 

⑦親指を使い目の周りの骨の淵を3か所ぐらいぐーっと押していきます。

 

⑧眉の上を人差し指や中指を使って内側から外側に向かってぐりぐりしていきます。

 

⑨左右のこめかみに親指を当てたまま、人差し指から薬指をおでこの中心から親指に向かって流していきます。

 

⑩両手でグーを作り下顎の横の部分から頬下半分あたりを3か所程度ぐりぐりしていきます。

 

⑪人差し指から薬指をつかい耳の後ろから首筋~鎖骨に沿って流していきます。

 

一か所につき3回から5回ほど繰り返してくださいね。

 

強い力で肌をこするのではなく、優しくリンパを流すようなイメージでやるのがポイントです。

 

肌は常にクリームやオイルで滑りがよくなっている状態でやりましょうね。

 

肌をこすってしまうと肌が傷つき肌荒れの原因やしわの原因にもなってしまいます。

 

特に目の周りは卵の殻の薄皮よりも薄かったりするので十分に気をつけましょうね。

 

目の周りをこすってしまうとくまや色素沈着の原因をつくってしまいます。

 

文章だけじゃよくわからない…なんてときは遠慮なくお尋ねください。

 

また、まぶたのむくみや腫れがひどいときにはプラスして電子レンジであたためたホットタオルを2分~3分当てたあと、

冷水で冷やすというのを何度か繰り返すと目周りの血行が促され、むくみが気にならなくなってきます。

 

また、軽く全身をストレッチしてからやると全身の血行もよくなるので効果がアップします。

 

どうしよう!となったときにはぜひやってみてくださいね。

 

 

もう毎日お顔のむくみや足のむくみに悩まされたくない!なんとかしたい!

なんて方は一度美容鍼をお試しください。

 

 

 

→「美容鍼灸について」はこちら

 

→「仙台市青葉区にある美容鍼灸サロン癒肌美庵について」はこちら

 

「美容鍼はなぜきくのか」についてはこちら

 

ささき鍼灸整骨院 (美容鍼灸サロン癒肌美庵併設)

電話番号 022-721-8355
住所  〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町11-13 川原ビル1F
営業時間 9:30~13:00、15:00~19:30※水曜のみ18:00迄

TOP